スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リカバリーの必要性

乗鞍の写真

20130911a.jpg

ゴール前からパイロンに挟まれてしまうので、ここからは抜かせなくなる。

20130911b.jpg

どれ位の強度の運動をした場合、どの程度休養すれば効果的かという判断は難しい。
図書館で「リカバリー」という本を借りてみた。

20130911c.jpg

リカバリーは自制心が必要。
アイアンマンで世界チャンピオンになったある選手は
「トレーニングするのは簡単である。それ以外の補強運動やストレッチ、マッサージなどを的確に行うことの方が難しいが、それができるかどうかで結果に違いが現れる」と言っている。

方法として「アクティブリカバリー」「睡眠」「栄養」「マッサージ」「瞑想」その他紹介されている。

興味深かったのは睡眠で、著者がコーチングする選手には6時間の睡眠が取れなかったらトレーニングさせないそうだ。

2010年のツールで、あるチームが「ZEOパーソナルスリープコーチ」という装置を使ったらしい。
ヘッドバンドを装着して眠り、睡眠の質を分析し、改善に繋げるという代物。
ネットで調べたら日本でも売っていた。

20130911d.jpg

ひとつの判断方法として、
安静時心拍数の平均データを取っておいて、
それより5拍高ければ軽めの運動、10泊高ければ運動中止を勧めるそうだ。

プロテインをはじめサプリメント類が実は大して効果が無く
お金を無駄に使っている場合があるという恐ろしい内容も。

しかし、よく考えたら会社から定時で帰れる日が皆無の今
平日トレーニング時間はごくわずか。

リカバリーする必要が無いのだった。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。