スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨盤矯正ベルト

10年ほど前だったか購入したがすぐに使わなくなり
押入れに眠っていた骨盤矯正ベルトが出てきた。

最近の骨盤ベルトというと芸能人がプロデュースしたりして
女性用ダイエットアイテムというイメージ。
そのうたい文句としては
『骨盤は体の中心部にあたります。
骨盤が整っていることで、
体全体が正しい状態でいることができるのです。
骨盤がゆがむことで、
内蔵が下がってしまいぽっこりお腹の原因になったり
臓器の位置がずれることによって、
周囲の筋肉を圧迫して本来の姿とは別の状態を引き起こしてしまうのです。
骨盤がゆがむということは、体本来の機能を妨げるだけではなく、
代謝が悪くなったり、老廃物が溜まることによって太りやすい体質を作り出してしまいます。
そのゆがみを正すことによってバランスを整え、
本来の正しい姿に戻すことができるのです。』

だいたいこんな感じ。

自分が持っているものは当時スポーツトレーナーの鴻江(こうのえ)先生とデサントが共同開発した『鴻江ベルト』というもの。

20130516a.jpg

カラダの中心にある骨盤を整えることで、本来の自分の持つパワーを引き出せるという理論を強く唱える。
『骨盤こそは、まさしく身体の要。
身体の大黒柱である脊柱の土台となるのも骨盤で、
直立姿勢の善し悪しとボディバランスに深く関わります。
運動のパワーの起点としても大切。
骨盤の機能を最大限に引き出すために誕生したのがスポーツメーカーのデサント社とスポーツトレーナー鴻江寿治氏と作ったコウノエベルトです。
骨盤を正しい位置に保っているのは、筋肉の働きです。
日常生活でもつねにストレスが加わる骨盤のまわりの筋肉はひずみがたまりやすいところ。
運動選手のように肉体を酷使し、競技特性から筋肉を偏って使い続けると、
あるべき位置に骨盤が定まらなくなります。
すると脊柱にもゆがみが生じ、
筋肉により負担をかけることで腰痛や肩こりにつながります。
筋肉バランスが乱れると筋肉に疲れがつのり、
基礎代謝が落ちて脂肪が蓄積しやすくなります。
さらに身体バランスが崩れるとパワーが下がり、
運動能力や安定性の低下を招きます。
ゆがみがちな骨盤は正しく補正することが重要なのです。』

20130516b

効果としては
両足への加重が均等になり身体の軸がぶれにくくなる
股関節の可動域が広がり下半身の安定性が高まる
ウエストを引き締める
骨盤を支える深部の筋肉を鍛えることで基礎代謝がアップし、
脂肪がたまりにくい体質へ導くことができる

なんて自転車乗りにとってもいいことばかり。
ホントかしら。

ベルトといってもウェストに巻くのではなく下っ腹に巻く。
伸縮性のあるベルトで、説明通りの強さに調整すると結構きつい。

とりあえずランとローラーの時に使ってみる。




にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。