スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング」

クイックレバーはしっかり締めよう

20130216b


「栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング」

20130216a.jpg

これまでに読んだトレーニング本と比べると一風変わった内容だった。
トレーニング本なのに「トレーニング方法に正解はない」と堂々と書いている。

いろいろ紹介するから自分に合ったものを選べみたいな感じだ。
フォームやポジションなんかもどれというわけではなく
それぞれのメリット、デメリットが書かれている。
一番良い状態は人それぞれ違うということだ。

また、出力や心拍数はひとつの指標であり、
そればかり気にしていると質の低い走りが身に付く危険性があるとのこと。

全8章の構成だが、最も参考になるのはテクニックの章で頁数も一番割いている。
自分よりFTPの高い選手に勝つ方法、
ロードレースに出るなら必読の価値がありそう。

但し、当然といえば当然だがヒルクライムにおいてはパワーウェイトレシオの勝負となるため変にテクニックに頼らない方がいいそうだ。

また、納得したのが呼吸に対する考え方、是非取り入れたいと思う。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。