BGフィットでフォーム改革

このオフシーズンにどうしても受けたかったフィッティングのために今日はカミハギに行った。

BGフィット、たっぷりと4時間半。
8割方理屈の説明だったが。

フォームについて・・・
骨盤が立っているのでとにかく寝かせるようにしつこい程言われた。
いわゆる「やまめ乗り」ってやつだ。
新城のフォームは骨盤が寝ててあかんなぁ~と思っていたがあれがいいらしい。

ポジションについて・・・
これまでのポジションがかなり良かったらしく
サドルを数ミリ、クリートも1~2ミリ移動、
ハンドルを若干しゃくった程度。

体の柔軟性はかなり優秀らしいがそれを生かせていないと。
柔軟性はかなり重要らしく
それを生かせばこのフォームで走れるということだ。

20121201a.jpg

体が硬い人はこんなフォームはできないという。
たしかにこれなら空気抵抗を低減できる。

ハンドルの位置は腕を曲げるか伸ばすかだけで対して重要ではないらしいが
ちょっと窮屈なのでステムは20㍉は伸ばせるようだ。
(重くなるから伸ばしたくないが)

脚長は左右の差が無く、なぜかがっかりしていたw

サドルについて・・・
坐骨幅は88㍉と短く(尻が小さい)サドルを3個持って行ったが
一番幅が狭いセライタリアのSLRがいいと。
プロロゴのエボナックはまぁまぁ、アンタレスはNG。
フィジークならアリアネということだ。

あとはシューズにシムを入れた程度。

さて、明日からは新しいフォームでトレーニング。
半年後にもう一度再確認のフィッティング(無料)

スキルアップを期待。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス