スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

示談交渉成立

昨年3月の車との接触事故にようやくケリがついた。

示談交渉成立、と言っても全て行政書士にまかせたので自分は一切なにもしていないが、ちょっとビックリな世界だった。

お金のことはあまり書きたくないが同じような状況になる人がいるかもしれないので参考までに。

示談交渉に当り当初保険会社が提示してきた保険金額に対し当方行政書士は+300万要求。
(それふっかけすぎじゃ・・・それともそんなものなのか)

それに対し保険会社は即100万上乗せ。
(ええぇ~、最初の提示額はなんだったの)

行政書士「更に交渉を続けます」と+100万要求。
(ひいぃ~~)

保険会社「検討の結果ご提案に合意します」
(ぶっっ)

あっさり満額回答。
保険金て交渉でそんなに変わるのか。
はたまた行政書士が優秀だったのか。
まかせなかったら最初の金額でサインしていたところだ。

交渉内容の文言を聞いたところ(詳しくは割愛)、
東京地裁判事の発言も織り込み、
紛争処理センター利用の示唆、裁判となった場合のリスク、
そして譲歩するところはするといった駆け引きで保険会社が納得に至った。
行政書士本人も良い数字で合意できたと満足の様子。
やはり1回目の請求は裁判所基準、即ちふっかけだったようだ。

今回おじさんが認定されたのは後遺障害12級5号、鎖骨の著しい変形。
尺骨神経損傷による握力低下や指先の痺れは対象外だった。
鎖骨骨折について手術か自然癒合かは病院の判断によるところが大きい。
自分が運ばれた病院はよほど酷い場合を除いて基本的に自然癒合だということだった。
おかげで人前でタンクトップを着るのが恥ずかしい程に骨が出っ張っている。
手術だったらもっときれいに治っただろうから後遺障害の認定はなかったと思う。

フレームの借金が残っていた当時から一変、
自転車乗ってるといろんなことがあるもんだ。

生活に支障が出る程の後遺障害ではなく、幸運な結果だったと言える。
相手が外国人だとわかった時は目の前が真っ暗になったが
しっかり任意保険に入っていてくれたのでお互い助かった。

くれぐれも事故にはご注意を。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

示談成立おめでとうございます。

後遺症もなく解決に至ったことは非常によかったですね。

交渉はいい行政書士の方をやとわれたのでしょうね。

これからの治癒、あせらずにやっていきましょう。

ポチリ。
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。