スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決戦前のカーボローディング他

昨日は結婚20周年記念日だった。
レース前週なので特別な料理やケーキは自分の判断で先送りしたが
子供たちがプレゼントをくれた。

20120406a

未成年なのによくアルコールが買えたなと言ったら
塾の先生を店に連れて行ったそうだ。
我ながらよくできた子供たちだ。

さて、来週は伊吹山ヒルクライムということで
そろそろ決戦前の栄養学的心構え。

大会が近づいたらウィルスなどから身を守るためビタミンC、
のどや鼻の粘膜を丈夫にするビタミンA(レバー、人参、かぼちゃなど)、
腸内環境を整える乳酸菌や食物繊維(チーズ、ヨーグルト、ごぼうなど)、
免疫機能を正常に保つビタミンB6(バナナ、マグロなど)
を大目に摂るようにする。

そして栄養士が語るカーボローディング
(グリコーゲンローディングともいう)
大会7日前に激しい練習でグリコーゲンを使い切る(ウォッシュアウト)。
体はそれまで以上にグリコーゲンを貯蔵しようとする。
(これをやらない簡易型でも効果はある)
翌日からは練習量を減らす。
3日前になったら食事を糖質中心(ご飯、パン、麺類)にして、たんぱく質は減らす。
例)ごはんを多く、おかずは少なく、
練習量は更に減らす。
間食する場合もバナナや大福など糖質の多いものにする。
吸収を助けるビタミンB1やクエン酸も一緒に摂ると良い。
1日前は完全休養。
当日の朝食は4時間前に糖質をたっぷり摂る。脂質は厳禁。
食物繊維もガスがたまるので避けた方が良い。
そして1時間前にはバナナやエナジージェル、スポーツドリンクを摂る。

重要なのはトレーニングによる疲労から完全に回復していること。
クエン酸と炭水化物を同時に摂ることでグリコーゲンの再合成が優先的に起こり
肝臓や筋肉のグリコーゲン補充がスピーディーに行われる。

今更じたばたしても仕方ない。
来週はコンディションを整えることに専念しよう。
しかし、まだこんなに寒いのにヒルクライムレースとは。
ウェアーに悩む。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。