食事管理のお勉強

これまでいろんなコンディショニングを勉強してきたが
最も手を出したくなかった食事管理。

体に良い食事はうまくないという先入観があるからだ。

「スポーツ栄養士のキッチンから」

20120210a

この手の本は図書館にも数多くあるが
ネットで検索するとそのほとんどが貸出中。
関心の高さが伺える。

低カロリーなメニューばかりかと思えばそうでもなく
アスリート向けということで結構カロリーは高く、1日3,500kcalが目安。

たとえば
持久力をつける胚芽米
瞬発力をつけるサバ料理
筋力をつける卵料理
減量のための鶏ささみ料理
疲労回復の乳製品
などのレシピが紹介されている。

また、決戦当日の食事
3~4時間前は吸収の遅いデンプン(多糖類)を多く含むご飯やパン、
1時間前なら吸収の速いブドウ糖、砂糖、麦芽糖を含むエナジージェルやスポーツドリンク、といった内容も。

体に直接入るものだから効果は大きい気はするが、
問題は妻が協力してくれるかだ。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス