スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車同士が衝突~死亡事故に

18日午前6時ごろ、愛知県豊田市内の国道155号で、路肩を走行していた自転車同士が正面衝突。1台が車道側に転倒したところ、進行してきたクルマにはねられた。この事故で36歳の男性が死亡。クルマは現場からそのまま逃走している。
愛知県警・豊田署によると、現場は豊田市本町石根付近で片側1車線の直線区間。車道と同じ高さの路肩はあるが、歩道は設置されていない。路肩を北進していたとみられる36歳男性の乗る自転車と、南進していたとみられる21歳男性の乗る自転車が正面衝突。北進側の自転車が車道へ転倒した。
乗っていた男性が車道に投げ出されたところ、南進してきたクルマが直撃。そのまま逃走した。男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡。警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。
警察ではもう一方の自転車に乗っていた男性から事情を聞き、事故発生の経緯を詳しく調べるとともに、現場から逃走した軽乗用車とみられる黒っぽいクルマの行方を追っている。

という痛ましい事故が先日発生。
場所はトヨタ堤近辺で我が家からもさほど遠くはない。
原因は逆走した自転車だろうが、この記事だとどっちが逆走かはわからない。
被害者は通勤途中だったらしい。
しかも撥ねた車が逃げるとは、
残された家族の気持ちを思うといたたまれない。

最近車と自転車の事故をよく聞く気がする。
自分が路肩を走っている時
スレスレで追い越していく車が時々いる。
直前にこっちが落車したら死ぬかもと思う。
タイヤが細いロードバイクはちょっとした縦方向の段差を踏むだけで簡単にコケる。
そしてその段差は路肩にある可能性が高い。
(おじさんの初落車はそれだった)
でも、大抵のドライバーはそんなことは知らない。
ママチャリしか乗ったことがない人は自転車は転ばないものだと思って追い越す。
路肩が狭い日本ではドライバーの危険予知能力に託すしかない現実。
逆走する自転車ももってのほかだが、
警視庁がドライバーの意識改革にも乗り出す必要性を痛感。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

痛ましい事故、いや事件ですね....。本当に他人事ではないです。残念ながら私の命も、ジテツウの最中はドライバーの意のままなん
ですよね....。
自転車逆走の件、CMでガンガン流して欲しいです。
タバコのポイ捨てとかみたいに。

No title

>山Kさん
おっしゃる通りです。
ますは自分達がルールを守るところから始めるしかないですね。
あとは地道に訴えていきましょう。
私は自転車を始めてから自動車も安全運転になりました。
当事者になってみて怖さに気付く部分もありますね。
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。