スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジロ・ディ・イタリア 峠と歴史」読了

著者は欧州自転車レースの歴史分析家だそう。
これまでジロに登場した峠の歴史と
それにまつわるエピソードを紹介している。
この本が発行された2009年はジロ100周年。
その分登場する人物も多く、知らない選手名もたくさん。

20111117a

コッピvsバルタリの名勝負、
メルクス涙のドーピング否定、
もちろんパンターニの逸話も。
峠ごとに各章が成り立っているため時代がかなり前後する。

サイクリストの聖地と呼ばれ、礼拝堂には1995年ツールで事故死したカザルテッリがそのとき乗っていた自転車も奉納されているマドンナ・デル・ギサロ

20111117b

もしイタリアを走る機会があればギサロ峠は外せない。

ジロのレース前にこの本で下調べしてから見ると
また一味面白くなるに違いない。

「チマ・コッピ」とはその年のジロで最も標高の高い峠に与えられる称号で
山岳ポイントも特別に高い。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。