スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛嚢炎と「たこの吸出し」

内股のデリケートな部分に大きなデキモノができた。
実は一ヶ月ほど前にもできて、自然に治ったのだが、
今回同じ場所にまたできた。
デキモノにしてはかなりでかい。
そしてサドルに当たると結構な痛みだ。
場所が場所なだけに写真がアップできないのが残念だ。

デキモノには「たこの吸出し」という怪しげな軟膏がいいという情報をつかみ、
妻に薬局で探してくるよう頼んだら
仕事中に「ホントにあったw」とメールがきた。
なんでも大正時代に製薬されたもので、膿を吸い出す伝統的な薬らしい。
このネーミングのセンスには感動すら覚える。

20111028a

しかし、会社から自転車で帰る途中
ちょっとした路面のギャップを乗り越えた衝撃で
激痛が走り、デキモノは破裂してしまった。
トランクスが大変なことになったのは言うまでもない。
とういわけでせっかく買った「たこの吸出し」の効果は実証することができなかった。

このデキモノの正体をネットで調べてみると
どうやら毛嚢炎(もうのうえん)というやつの可能性が高いことがわかった。
細菌感染症の一種だ。
恐らく蒸れたレーパンの中で細菌が繁殖し、
サドルで擦れた部位の毛穴から進入し化膿したのではないかと思う。
自転車乗りには多いそうだ。
しっかり膿の芯まで出ないと再発するようなので
きっとそのパターンだろう。

いずれまたできるだろうから
それまで「たこの吸出し」は大切に保管しておこう。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。