スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃「エデン」読了

警視庁が自転車の車道左側走行を原則遵守させ、
歩道走行の取り締まりを徹底するという話題が報道されている。
子供や高齢者らを除き車道の左側を走るよう促すという。
歩行者保護の観点からすると致し方ない選択なのだろうが
ヘルメットも被らないママチャリの人が路肩の狭い車道を走り
悪質な自動車に幅寄せされる恐怖を味わうことになる。
逆にトラブルが発生する可能性もあると思うが。
次は自動車運転者に自転車を保護するよう義務付けてほしい。

以前に自転車で車道を走っている時
パトカーが横に付けて「危険ですから歩道を走って下さい」
とマイクで言われたことがある。
「はあ?歩道走っていいの?」
と言うと、「標識がありますから」ときた。
確かに歩道を見ると自転車走行可の標識があった。
あの標識があったら車道を走ったらいかんのか?
なんだか難しくなりそうだ。

『また、警視庁は都と連携し(都だけか)、車道の左側を線で区切る自転車レーンのほか、
路面を色分けして自転車と歩行者の通行部分を明示した歩道の整備を進める。』
これは絶対必要だ。
欧州、デンマークのような環境を整えて欲しいものだ。(無理だろうけど)


以前に「サクリファイス」は読んだ。
「サヴァイヴ」は図書館で予約7人待ちだから
今のうちにと思って「エデン」を借りた。

20111019a

実に面白いと思った。
舞台はツール・ド・フランス。
日本人でただ一人の出場選手が主人公。
レースシーンやチームが抱える運営事情などは
プロ選手が体験に基づいて書いたのかと思うほどリアリティー。
日本人らしい献身さも表れている。
ワクワクしてすぐに読み切ってしまった。
終わりは次へ続く展開になっていたため「サヴァイヴ」に繋がるのだろう。
この小説、シリーズ化して続けて欲しい。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。