スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通事故の後遺障害

今日、事故の相手方保険会社より連絡があった。
医療専門スタッフが医師と面談したとのこと。
さすが保険屋、いろんなスタッフがいるもんだ。

結果、やはり鎖骨骨折に伴う神経損傷の可能性が高いと言われたらしい。

「神経の傷は余りに小さすぎるため、レントゲンやMRIにも映りません。
従って、医師の立場でも傷ついた神経が治るものなのかどうかは断言できないため、目安として事故から半年間(9月末)の回復の推移を見守り、
改善が認められれば治療を継続すべきであり、改善されていない場合は治療終了を検討する必要がある
(=後遺障害の申請を検討する必要あり)とのことです。
保険会社として、治療費をご負担させていただける期間は治療の効果が認められる期間です。
(後遺障害を申請しても、認定されない場合もあります)」

ここまで100%予想通りの展開。

治療打ち切りで保険会社は治療費、休業損害などを支払う義務はなくなるし、
後遺障害が認定されれば自賠責から保険金は下りる。
結局保険会社の負担は6ヶ月で無くなるという(しかも120万までは自賠責枠)都合の良い具合になっているわけだ。

さて、6ヶ月経ったら恐らく後遺障害の申請をすることになる。
その際は当然保険会社を通すというオマヌケなことはせずに
被害者請求という手段になる。

症状が現在のままなら左手はまともに使えない。
それで後遺障害認定無しでは泣くに泣けないから、しっかり考えなければ。

やり方次第で結果が大きく変わる世界らしい。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。