スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士ヒルクライムのタイムに愕然

6/12(日)Mt.富士ヒルクライム、決戦日。

ワクワクしてあまり眠れなかった。(子供か)
AM2:00頃目が覚めAM3:00から準備開始。
周りの部屋も起き出しているようだ。

AM4:30駐車場になっている霊園に到着、既にアップする人たち。
空はどんより曇っている。
準備して30分程ローラーを回す。
その後メイン会場へ移って荷物を預け
あとは出走までじっと待つ。
5,500人の自転車が集まる様は圧巻だ。
MCから「雨の心配はありません」の発表に一安心。

自己申告タイムが遅かったせいでスタートは第5グループ。
早く走りたくてウズウズ。

そしてスタート。
最初はゆっくりパレードラン。
心拍を上げないよう気をつけて走る。
上りなので既にぜーぜー言ってる人がいるw

信号を曲がって計測開始でダッシュ!
いきなり心拍170超え。
いいペースで走る。
夏用装備で暑くも寒くもない、時折薄日が差す。

後半、周りに同じ色のゼッケンはほとんどいなくなった。
残り10km。
試走の時より3分以上速いので1時間20分切りは確信。
終盤、オールスポーツのカメラがいたら
かっこよくダンシングするつもりだったが
そんな余裕はなかった。
きっとひどい顔で写っている。

平坦区間突入、時速50km。
心拍MAXの182(低っ!)
これで体力を使い果たした。
最後の上りはヨレヨレ。
すごい形相してたと思う。
しかしゴール前、沿道から「がんばれー!」の大声援。

ゴールして思わずおじさん

ウルッときちゃったじゃねーか、こんちくしょ~。

茶碗もろくに持てない自分が登りだけはとトレーニングがんばってここまで来れたことに感慨深いものがあった。

タイムは!?

うそ!まじっすか?

1時間15分4秒。

ちょw

シルバーまで4秒ww

残念ではあるが予想よりいいタイムだからまぁいいや。
スタートから料金所の2分を差し引くと、試走より10分以上短縮している。

さて、問題の下り。
故障中の自分に下りは苦痛でしかない。

20110613a

ほとんど脚は回さず超スローダウンヒル。
ブレーキかけっぱなしの24km。
ガンガン抜かれる。
抜かれるのも追突されるんじゃないかと冷や汗ものだ。

なんとか無事メイン会場にたどり着いた。
トイレでVAXの長沼選手に遭遇。
後でわかった話だがオープン参加の彼がトップフィニッシュだったらしい。
59分25秒、さすがピュアクライマー。

ちなみに
鶴見辰吾・・・1時間29分32秒
しゃらんQまこと・・・1時間38分09秒
どうしちゃったんだろう。

表彰会を待たずに帰路に着く。

今回は心配だった雨も無く全てがうまくいき大満足の遠征だった。
正式リザルトが発表されるのは明日かな。

帰宅するとアイツが届いていた。



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

亀仙人@痛

Author:亀仙人@痛
愛知県三河地区出身
トレーニング嫌い
アルコールとイタリアン大好き
現在単身赴任中

蝶が舞うリースの時計

触れると逃げてしまいます

TEAM KEEP LEFT
最新記事
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
名古屋グランパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。